サウナ建築

3次元曲面のサウナ-Grotto Sauna

今回紹介するサウナは3次元曲面で作られたGrotto Saunaです。多くのサウナは内部も外部も直線で構成されています。しかし、このサウナは3次元曲面で内部空間が作られた珍しいサウナです。

このサウナは、カナダのジョージア湾の島の北西端に建てられています。プライベートサウナなので残念ながら利用することはできません。設計者はカナダの設計事務所PARTISANSです。

3次元曲面が使われた理由

このサウナの名前に入っているGrottoという言葉は、おそらくサウナの近くにある有名な洞窟Grotto Cavesからきていると思います。なぜなら設計者は、この洞窟からインスピレーションを受け、サウナを洞窟の内部のような空間にしようと考えたと言っているためです。このことから3次元曲面を使用したのは、洞窟を想起させるためだったことがわかります。

洞窟のイメージがよく表れていると思うのは、図面上でいうと、前室の下の部分です(平面図赤丸部分)。この部分は、サウナベンチがある部分から開口までの「大きなニッチ」のような場所で、開口までの距離が長いため、内部から見ると洞窟出入口からの遠くの光のように見えます。細長い空間のため、ここで寝転んでサウナを楽しむことも想定されているのかもしれません。

3次元曲面の効果

3次元曲面を使った効果として、ロウリュした後の熱の流動が良くなっていると思います。通常のサウナ室は部屋の隅部に熱がたまってしまいますが、このような形にすることで熱がよく流れるようになると思います。

さらに熱が流れるだけではなく、熱を溜めたい部分のデザインもされています(断面図赤丸部分)。頭の上の部分が、頭を包むように曲がっていることで、熱がサウナベンチに座る人から逃げることなく、効率的に熱を享受できる形になっています。

ランドスケープと一体化した外観

内部は明るい色の木材を使って3次元曲面で作られていますが、外形はシンプルな直線で構成されています。外装材には焼杉を使用し、風化したような外観とすることで、周りの岩場の風景と同化しています。

サウナから見る世界最高級の夕日

この場所の夕日は、世界最高級の夕日の一つとしてランク付されています。その夕日を最大限見ることができるように、大きな開口を設け、そして、湖とのエッジに立てることで夕日や湖の景色を遮るものがありません。サウナから世界最高級の夕日を見ることができる毎日なんて、最高でしょうね。

参考文献
・Allan Konya, The Modern Sauna and Related Facilities, Archimedia Press Limited, 2017

図版出典
・https://www.archdaily.com/574851/grotto-sauna-partisans

-サウナ建築

© 2021 サウナ建築研究所